東海大学医学部付属病院遺伝子診療科

診療科の活動

東海大学医学部付属病院遺伝子診療科では、外来診療のほか、様々な取り組みをしています。

遺伝診療の倫理的検討

遺伝子診療科の主なスタッフは、東海大学医学部基盤診療学系医療倫理学領域に所属しています。遺伝診療、ゲノム医療は、他の医療領域と比べても、非常に多くの倫理的課題を内包していることから、当科ではこれらの課題に取り組んでいます。

【がんゲノムの倫理】
がんの細胞を調べて原因となっている遺伝子変異を特定し、その情報をもとに治療を選択する「がんゲノム医療」が近年急速な広がりを見せています。より効果的かつ新たな治療法を提示することができるメリットがある一方、思いがけず遺伝性腫瘍であることが判明したり、比較的高額な検査を受けたにも関わらず本人にとって有益な結果が得られないなどの問題も発生する可能性もあります。がんゲノム医療にはどのような問題があるかを抽出し、検討しています。
【遺伝情報のカルテへの記載】
遺伝病の原因遺伝子についてや、患者さんのご家族のことなど、遺伝診療では機微な情報を扱います。このため、これまで多くの医療機関において、遺伝情報は通常の電子カルテとは別の管理をするなどの特別な対策をとってきました。しかし近年では、がんゲノムのように、積極的に遺伝情報を診療に役立てることができるようになっています。治療に役立てるためには、通常の電子カルテに情報を記載し、診療を担当する複数の医療者がいつでも確認できる必要があります。当科では、これからの遺伝診療におけるカルテのあり方について検討しています。

遺伝教育

遺伝子や遺伝子に関する疾患についての知見は日々増大しており、医師や看護師であっても最新の情報を得ることは困難です。わたしたちは、医療職や医療系学生に対する教育を行うとともに、以下のような活動をしています。

【遺伝看護専門看護師の育成】
東海大学大学院健康科学研究科には、遺伝看護専門看護師を育成するコースがあります。当科はコース履修者に実践の場を提供しています。コースの卒業生は全国の医療機関、教育機関で活躍するとともに、一部の卒業生は当科スタッフとして遺伝診療に従事しています。
東海大学大学院 健康科学研究科ホームページ
東海大学医学部附属病院 看護部ホームページ
【非医療系学科との遺伝診療資料の共同開発】
「遺伝子」や「遺伝病」はとても専門的で難解な内容を含みます。患者さんにご理解いただけるよう説明することは当科の最も重要な役割ですが、同時にとても難しいことでした。そこで私たちは東海大学の総合大学としてのメリットを生かし、東海大学教養学部芸術学科の教員、学生とともに、患者さんにとって分かりやすい資料の作成に取り組んでいます。芸術学科の学生にとっても、社会の役に立つ作品を作成することができる貴重な機会となっています。
【幼児、幼児の保護者に対する遺伝教育】
がんゲノムや出生前遺伝子検査などの遺伝医療が社会に浸透しつつあることから、初等中等教育の理科・生物でも「遺伝」について学習する必要性が認識されています。当科では、全国に先駆け、未就学児とその保護者に対する遺伝教育のあり方を模索しています。「ゲノム」などの専門的な知識を得ることを主目的とはせず、親子で遊びながら概念的に生物の多様性を学び、「みんな違ってみんないい」ということを理解し、「先祖から自分に継承されたいのち」を大切にする心を育むことができれば、と考えています。
遺伝教室家系図教材